握力 平均 スポーツ選手

スポーツ選手の握力の平均

スポンサードリンク

握力の平均値はデータで見れば、知ることができます。

 

では、スポーツ選手の握力は一体どれくらいなのでしょうか。

 

まず、握力が必要なスポーツとして挙げられるのは室伏広治選手を代表とするハンマー投げのスポーツ選手です。

 

あのハンマー投げの映像を見たことのない人は恐らくほとんどいないでしょう。

 

さらに、ハンマー投げに握力が必要なことは、明らかですね。

 

ハンマー投げの選手は他のスポーツ選手と比べても、握力の平均が高いです。

 

室伏選手は、測定不能の握力の持ち主として有名ですが、推定では120キロ以上ともいわれています。

 

たしかに、あれだけのハンマー投げの記録を出すためには、握力に限らず、相当の体力が必要ですよね。

 

テニス等、他にも握力が必要なスポーツはありますが、総じて言えることがあります。

 

それは、握力だけを強くするトレーニングではなく、総合的に筋力トレーニングを行う中で握力が強くなるという点です。

 

もし、あなたが握力を格段に上げたいのなら定期的にスポーツをやることをお勧めします。

 

特に陸上スポーツがおすすめです。
(水泳は、握る動作が少ないため。)

 

握力もスポーツ選手の平均には至らないまでも、メンタル面含め、あなたの成長に必ずつながることでしょう。

 

気になる選手の握力についていくつかご紹介します。

 

【プロ野球選手】
清原選手 61.0キロ
クルーン 選手46.4キロ
GG佐藤選手 58キロ
新井選手 70.1キロ

 

【格闘家】
ボブ・サップ 98キロ
アラン・カラエフ 180キロ
フリッツ・フォン・エリック 130キロ

 

【力士】
琴欧州 120キロ
魁皇 110キロ
北天佑 100キロ
出羽の花 100キロ

 

スポンサードリンク

30代の握力の平均はどれくらい?

30代の握力の平均はどれくらいのものなのでしょうか。

 

あるデータを参照すると男子平均が50、女子平均が30となっています。

 

文部科学省のデータですと以下のとおりです。

年齢 男性(キロ) 女性(キロ)
30-34 48.24 29.04
35-39 48.2 29.66

 

 

30代というと、男性はよく言う働き盛りの年齢ですね。

 

社内でも重い荷物を運ぶ等、知らないうちに握力が必要になる機会が多くなってくるでしょう。

 

もし、意図的に握力をつけようと練習を続けてきたのであれば、差がつく年代とも言えます。

 

平均以上の握力をお持ちかもしれません。

 

しかし、今あなたが30代だとしてもまだ遅くはありません。

 

次の10年後を目指して、握力を強くする運動を増やし、握力の平均値を超えてみましょう。

 

もちろん、実証性等はありませんが、握力をつけること一つで自信がついてくるものです。

 

運動離れしている方、まだ普段からスポーツジムに通い鍛えている方でも、トレーニングの一つとして握力を鍛え、意外なところで役立ててみましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

スポーツ選手の握力の平均関連ページ

高齢者はどれくらい?
高齢者の握力の平均について。女子の握力の平均も掲載しています。