握力 りんご

握力でりんごを握り潰すには

スポンサードリンク

握力でりんごを握りつぶす行為は、見たときのインパクトがかなり強いです。

 

特に女性に見せたりすると、誰もが目を丸くして声を失ってしまうほど。

 

りんご潰しは是非ともマスターしたいパフォーマンスの1つですが、必要となる握力は一体どれほどのものなのでしょうか?

 

明確な数値をはっきりと述べることができればいいのですが、残念ながらリンゴには固さや大きさなどの個体差があるため、必要となる握力をはっきりと述べることはできないのです。

 

ただ、目安となる数値を述べるとすれば、せめて65キロ以上の握力は欲しいところです。

 

65キロ以上は必要といっても、実はこの程度の握力だと「握りつぶす」というよりは、爪を立てるなどの指の先端を利用して「食い込ませる」といった表現の方が近くなります。

 

スポンサードリンク

いわば、これがパワー不足を補うためのコツというものになるでしょうか。

 

そのため、「握力で潰す」というにはちょっと見苦しいものがあり、見た目も悪いため、どうしてもインパクトに欠けてしまうのです。

理想的なりんご潰しは、「指の腹」を使って「押しつぶす」というとイメージしやすいと思います。

 

まさに、握力という「圧」によってりんごが跡形も無く潰れていく様は、圧巻の一言です。

 

この理想的なりんご潰しができるようになるためには、およそ75キロ程度の握力があればできるようになります。

 

数値でいうと10キロほどしか差がありませんが、65キロと75キロでの潰れ方の違いは、見た目のインパクトが全く違います。

 

トレーニングを積んで、ぜひともマスターできるようになってみてください。

 

一発芸というわけではありませんが、会社の忘年会などで披露すると、会場は間違いなくどよめきますから。

 

スポンサードリンク

握力でりんごを握り潰すコツ関連ページ

正しい測定方法
握力の測定方法について。正しい握力の測定方法や、身近なもので代用する場合など。
一瞬で数値を上げる方法
握力を一瞬で上げる方法について。握力の強さは生まれつき?
メリットと役に立つこと
握力を鍛えることによって得られるメリットについて。 日常生活において握力の強さは役に立つ?
数値が上がらない原因と効率
握力が上がらない1つの原因とは。 握力をもっと効率よく上げるために知っておきたいこと。
握力が強いと「かっこいい」
握力が強いと「かっこいい」という感情。 ガリガリに痩せていた友人が握力トレーニングを始めた結果。