握力 鍛える メリット

競技者ならば握力を鍛えるメリットは大いにある!

スポンサードリンク

スポーツや格闘技をやっている人たちにとって、握力を鍛えることによって得られるメリットは計り知れないものがあります。

 

特に「握る」行為が盛り込まれている競技だと握力が強いことによるメリットは大きいです。

 

例えばボクシングや空手などの拳をつくる必要がある競技では、握力が強いとインパクトの際に拳が崩れることがありません。

 

そのため、全体重を拳に集約させることができ、威力が増すというわけです。

 

テニス、バドミントン、野球、ゴルフなどの競技でも握力が強いことで大きなメリットが得られます。

 

ラケット、バット、ゴルフクラブがボールにインパクトする瞬間にブレずに芯を捉えやすくなるので、パワーがそのままボールに伝わりやすくなるのです。

 

ラグビー、ハンドボール、バスケットボールのような球技では、握力が強いことでボールをしっかりと掴めるので、ファンブル等のミスを減らすことができます。

 

スポンサードリンク

 

日常生活で握力の強さが役に立つとき

スポーツなどの競技をやっていれば大いに役に立つことはありますが、日常生活においては握力が強いことが何かの役に立つというシーンはあまり無いと思われます。

 

わたし自身の経験を思い返してみても、固く閉じたビンの蓋を開けて母親や彼女に「助かるわあ」と言われたり、小学生に突然ガチャガチャを手渡されて「蓋開けてー!」と言われたり…。

 

握力が強いことで何かの役に立ったといえばそれくらいのものでしょうか。

 

そもそも、日常生活においては握力が30〜40キロ程度もあれば不便を感じることはないでしょうから、握力が強いことで得られる利点はさほどないのです。

 

握力を鍛えるような強さを求める行為は、役に立つからトレーニングを開始するものではありません。

 

やはり「憧れ」によるものが大きいので、自分自身が熱中できていればそれだけで十分なのです。

 

スポンサードリンク

握力を鍛えるメリットと役に立つこと関連ページ

正しい測定方法
握力の測定方法について。正しい握力の測定方法や、身近なもので代用する場合など。
りんごを握り潰すコツ
握力でりんごを握り潰すコツとは?握力でりんごを握り潰すために必要となる数値の目安なども掲載しています。
一瞬で数値を上げる方法
握力を一瞬で上げる方法について。握力の強さは生まれつき?
数値が上がらない原因と効率
握力が上がらない1つの原因とは。 握力をもっと効率よく上げるために知っておきたいこと。
握力が強いと「かっこいい」
握力が強いと「かっこいい」という感情。 ガリガリに痩せていた友人が握力トレーニングを始めた結果。