握力 鍛え方 短期間

握力の鍛え方。短期間で強くなる人はどんな人?

スポンサードリンク

握力の鍛え方だけに限ったことではありませんが、短期間で効果を得られる方法というのは、どんな人にも魅力的に映るようです。

 

そんな夢のようなことが実際にあり得るのか?と、ほとんどの人なら疑ってしまうことでしょう。

 

しかし、ある条件を満たせば、たった数日のトレーニングで握力をアップさせることは十分に可能なのです。

 

その条件とは「トレーニング初心者」であること。

 

トレーニング初心者であればあるほど、得られる効果は大きくなると考えられます。

 

どういうことなのか詳しくいいますと、短期間での握力アップには、脳と筋肉をつなぐ神経伝達の働きが関わってくるのです。

 

スポンサードリンク

日常的に握力を鍛えるトレーニングをしていない人というのは、「思い切り握り締めろ!」という脳からの支持を、うまく筋肉に働きかける神経が十分に発達していないことがほとんどです。

 

そのため、思い切り握りしめているつもりでも、神経の伝達が上手く働いていないため十分に力を込めることができません。

 

ところが、ほんの数日でも握力を鍛えるトレーニングを行い筋肉を刺激することで、それまで眠っていた神経が目覚め始めます。

 

これが短期間で握力をアップさせることができるカラクリです。

 

ありとあらゆる方法で握力を鍛えているトレーニング上級者になればなるほど、筋力の伸びは緩やかになります。

 

そのため、短期間で握力をアップさせることは至難の業になります。(2017年1月5日更新)

 

スポンサードリンク

握力の鍛え方。短期間で強くなる人の特徴とは!?関連ページ

握力計は必須アイテム
握力の鍛え方。握力計は真っ先に手に入れるべき必須アイテムです。その理由とは!?
ハンドグリップは本格仕様を選ぶべし
握力の鍛え方として定番のハンドグリップ。最強を目指す人が選ぶべきグリッパーについて。
高齢者が鍛える場合
高齢者にオススメの握力の鍛え方。新聞やタオルなどを用いた、自宅でできるトレーニング法について。
圧倒的な世界記録
握力の世界記録について。握力の世界記録(ギネス)を持つマグナス・サミュエルソンの凄さとは。
筋肉をつけるには?
握力の筋肉をつけるために必要なこと。握力トレーニングをしても筋肉痛にならない人におすすめの鍛え方。
器具を使った無理なくできるトレーニング方法
トレーニング器具で握力を上げる方法について。気が付いたら握力アップ。無理なくできるトレーニング方法とは。
毎日続けられる効果的なトレーニング方法
毎日続けられる効果的な握力トレーニング方法とは。地味ながらも効果がある握力トレーニングについて掲載。
ダンベルの選び方
握力を鍛えるのに最適なダンベルの選び方について。効果的な握力アップのコツは、ダンベル選びにアリ!
指立て伏せの関係性と親指の重要性
握力トレーニングとしての指立て伏せの位置づけ。 握力を上げるカギは親指を鍛えること!
ピンチ力を鍛える
握力アップにピンチ力トレーニングは不可欠! 握力とピンチ力を鍛えるトレーニングの注意点。
ジャイロ回転するボールの効果
ジャイロ回転するボールは握力の強化に本当に効果があるのか?
グリッパーで得られる効果と選び方
握力を鍛えるグリッパーで得ることができる本当の効果とは。 本格的に握力を鍛えたい方のためのグリッパーの選び方について。
理想的なグリッパーの使い方とトレーニング回数
握力を鍛えるCOCグリッパーの理想的な使い方とは。 グリッパーを使った握力トレーニングの回数(レップス数)やセット数。
不可欠なブロックトレーニング
握力アップにブロックトレーニングは不可欠! 握力強化につながるブロックトレーニングについて解説!
多くの人が知らないリストカールに対する思い込み
握力強化に効果的だといわれているリストカールに対する誤解や思い込み。
懸垂は効果ある?
握力のトレーニングとして「懸垂」は効果があるの? 懸垂で握力を鍛えるときのポイント。